建物の価値について

不産市場をよく見てみると、同じような条件のエリアで売却に当てられている物件の土地付一戸建てと更地の価格があまり大きく変わらないということに気がつきます。
場所によっては建物がある不動産の売却価格のほうが値段の安いものもあります。
建物があるほうがそのまま使えるかもしれませんので、値段が高そうな気がします。
マンションスタイル 相続しかし不動産市場から考察すると、建物があるのは逆に足かせとなってしまっているということでしょう。
実際に不動産の売買をする時に、価格交渉の場では「建物を壊す代金を値引きできないか?」ということがしばしば出てくるそうです。
不動産売買では建物が不要なものとなっているのです。
もちろん中古として建物を利用する人も多くいるでしょうが、そうした人たちは恐らく妥協しているのでしょう。
建物を新築するとなると住宅でも1千万円はくだらないでしょう。
土地を取得してさらに1千万円余計に払うということであれば、なかなか簡単には決断できるものではないですからね。
しかし土地をどのように利用するかをしっかりと考えて、さらにそれなりの資金計画も立てている人であれば建物は“余計”ということになってしまうのでしょう。
そうした人たちにしてみれば建物をどける費用をなんとか不動産購入時に引いてくれないか、ということなのでしょう。
帳簿上ではどんな建物にも価値はあるということになっていますが、実際の売買の現場では余計なものとしか写らないようです。

PAGE TOP